wish for peace

今日もうだるような暑さ。
70年前のあの日も青空が広がっていたと聞いています。
あれから70年。
今なお心身ともに深い傷を負い、痛み、苦しみ、悲しみながら
8月6日の空を特別な想いで眺める人々がいます。
静かに祈る人、心の中で憤る人、大切な人を想う人。
私には、知ること、忘れないことしかできません。

語り継ぐ人たちがどんどんいなくなっていく中、平和学習も減っているようです。
子どもたちが戦争について学ぶ機会が減るのはとても残念なことだと思います。
ただ、私は弱いメンタルのせいで平和学習で小さな心の痛みを負いました。
おかげで今も8月が怖いと感じてしまいます。8月が本当に苦手です。
あの日のことを忘れないという意味では、私は平和学習によって
ある程度しっかりと記憶にあの日のことが刻まれた人間の1人だと思っています。
子どもの知る機会をどんなカタチで作っていくのか、
ただ単に戦争の悲惨さを伝えるだけではなく、しっかり考えてもらう機会をどう作ってくのか、
戦後70年の今、私たちは一刻も早い対応を迫られているのではないでしょうか。
暑い夏、あの日もきっと暑かった。

朝から湿度が高くて本当に過ごしにくく、
家を出る時点で既に汗が額からポトリポトリと落ちていく、そんな感じでした。
バスに乗り込むと冷房で汗は徐々に引いていきましたが、
水分を放出しすぎたのか、降りてから少しクラクラと。
取り急ぎ麦茶を買って水分補給のち電車へ。
今日も1日本当に暑かった!
明日は午後休なので幾分か気持ちが楽です。

それではまた明日。