目覚め

昨日は結局早めに就寝。
目が覚めたのは3時頃。
なぜか猫たちは2匹とも起きていて、家の中をウロウロ。
ふと外を見ると、やっぱりまだ暗くて、そしてとても静か。
時々通り過ぎる車の音もどことなく静かで、
湖面に映る光がゆらりゆらりととても綺麗。
隣のマンションも、ここから見えるホテルも電気はほとんど消えていて
この時間はみんな眠りについているんだなあと実感する。
外から吹き込んでくる風が心地よくて、ついつい窓辺でのんびり。
そんな私の足元を暦さんがくるくると回っている。
ふわりとちょうどいい具合に擦り寄ってくるものだから
ほんのり温かくてこれまた心地がいい。
あまり眠らないのも考えものなので、しばらくしてベッドに戻る。
その後のことはあまり覚えていなくて、
いつもよりもぐっすりと眠れたことだけ覚えている。

朝、今度は少し耳障りに感じる車の音。
遠くから救急車が近づいてくる、大きなサイレンを鳴らして。
1台、2台、なにがあったんだろう。
深い眠りから覚めて、今日も1日が始まる。
夫はまだ寝息を立てている。

時間がどんどん流れていく。
寝て起きてまた寝て、そして起きる。
月曜日になればまた仕事に向かう。
金曜日がくればどこかそわそわして、土曜日の再来を待つ。
いつまで続くんだろう。
なんの変哲もない、なんの変化もない日常。
でも、これはここが平和だからだ。
私達の生活があくまで平和であるからだ。
それはある意味で幸せなことなんだろう。

それではまた明日。