感覚に馴染むもの

天気は下り坂。明日は雨の予報。
今日は特に大きな予定もないので朝は自宅でのんびり。

昼から先週のようにマンションのサロンで中国語の予習と宿題。
今日は夫と同じようにパソコンを持参し、仕事をする人の姿も。
天気があまり良くなかったので湖岸を散歩する人の姿もまばら。
サロンに響くのは空調の音とパソコンのキーを叩く音、それからシャープペンシルの音。
今日も2時間ほど集中して作業できました。

昨日は疲れていて買ってきたものもそのままにしていて、今日ようやく開封。
ポストカード、ペンケース、クッションカバーにコーヒーです。
コーヒーは素敵な缶をいただくことができました。(数量限定だったようです)
購入あれこれ

台湾贔屓な私ですが、台湾のデザインは本当に私好みです。
今回、NEW TAIPEI!のブースを彩っていたイラストはNicさんという方のデザイン。
柔らかい色彩とタッチ、台湾らしい温かみのある雰囲気がとても素敵でした。
ポストカードを何枚か購入したけれど、勿体無くて使えそうにありません。
台湾で本を買うことも多いけれど、装丁の柔らかいあの雰囲気がとても好き。
繁体字がずらっと並んでいると、一見とっつきにくくて堅苦しい雰囲気がするけれど、
整然と並んだ繁体字はとても可愛らしくて愛嬌があって、むしろ心地よく感じます。
お店の看板なんかは派手なものや原色のものが多いけれど、
雑貨や本は淡い色合いのものが多いし、可愛らしいなあと感じることが多いのです。
だから台湾の雑貨や書籍類にはついつい手が伸びてしまう。
ただ、台湾だからなんでも好き!というわけではありません。
結果として、私の感覚に馴染むものが非常に多いということなのです。
周りからみると、単に台湾が好きでなんでもかんでも台湾!と言っている人に見えるかもしれませんが。

それではまた明日。