色男と秀才

雨。
この雨のせいか、朝から頭痛がひどくて眼鏡が憂鬱。
なかなかいい天気に巡り会えない4月。
明日は午後から晴れるようです。
期日前投票に行かなければ。

昨日も夫の帰りが遅くて、夜中に目が覚めたら帰宅していた感じで、
その後しばらく眠れなくて今日もまた寝不足という由々しき事態。
おかげでなかなか疲れが取れなくて困っています。
歳のせいもあるかもしれませんが。
今日も1日中やっぱり眠かった。

昨日買ったコミックは2冊。
「進撃の巨人16」と「応天の門3」、今日は「月影ベイベ5」1冊のみ。
応天の門3
いろんな漫画を買っていますが、おすすめなのがこの「応天の門」という漫画。
舞台は平安時代。
主人公は歴史の教科書や古典の授業に必ず登場する在原業平と菅原道真。
平安サスペンスという異色の内容ですが、歴史ものとしても十分成り立つ1作。
個人的には絵の雰囲気がとても好みで、連載当初から欠かさず読んでいます。
少しばかり小難しい部分はあるものの、非常に読みごたえがあります。
色男と秀才という組み合わせもありがちだけど、それはそれでいい感じです。
東京大学史料編纂所の方が監修を担当されているというのも魅力の1つか。
はっちゃけた漫画に飽きた方は是非どうぞ。

それではまた明日。