引っ越す夢

雨のち曇り。

昨晩は変な夢を見ました。
よほど上の階の騒音が気になるのか、引っ越しをする夢。
マンション?に引っ越したと思いきや、
場面が切り替わって翌日になると、洋館風の建物に移動していて
窓が大きな寝室や光がたっぷり降り注ぐ部屋、
広い浴室に少し変わった客間、可愛らしいキッチンなど、
こんなところに引っ越してきたんだ!と感動したのも束の間、
家を探索していたら知らない若者が6人くらい入ってきて居間で寛いでいました。
「昨日契約したんですけど」と声をかけると、1人の女性が仲間に対して
「だから早めに契約しようって言ったじゃない!」と詰め寄ります。
若い者が入ってきた辺りから、家に違和感を感じ始めて
なんとなく気味が悪くなって家の契約を白紙に戻すところで終了。

今までこういう感じの夢は見たことがないので鮮明に覚えています。
あの若者たちはなんだったんだろう。
やっぱり音に敏感になっていて、無意識に引っ越したいと思っているのかな。

今日はスペイン語。
来週は先生がお休みで、再来週は旅行の前日ということもあって
2週間明けてからまた1ヶ月。
それでスペイン語のレッスンはしばらく受けないことにしました。
大切な友達が出来たり、スペイン語のニュースも読めるようになったり
そこそこ収穫が多かったなあと思います。
私の生活においてあまり実用的ではないため、中国語へシフト。
どうするかずっと悩んでいたことの1つです。
大好きな先生がいなくなってしまうというのも大きな理由かもなあ。

それではまた明日。