言の葉の庭

雨。
少し激しい雨。

昼過ぎ、静かな雨が降り続く中、
なんとなく録画しておいた『言の葉の庭』を鑑賞。

靴職人を目指す15歳の少年、そして歩き方を忘れてしまった大人の女性。
その2人が梅雨の日本庭園で出会う。
日本庭園、梅雨、万葉集に出てくる歌、雨、靴、恋。
繊細で美しい映像と切ない恋が紡ぎだすラブ・ストーリー。
ストーリーはとても王道な恋の物語で、
先の展開が安易に想像できてしまうにもかかわらず、
ドキドキが止まらない。
胸がぐっと締め付けられるような感覚が続く。
夫はこれをマイナスの美学、だと言ったけれど、本当にそう思う。

とにかく、美しい。
新海誠の作品は映像文学だと言われるけれど、
本当にとにかく美しい。
それもまさに文学的な美しさというのか、
色彩も情景も心情の表現もとても繊細で引き込まれていく。
今回、雨が重要なキーワードになっているけれど、
その雨の表現が驚くほど丁寧で素晴らしい。

雨の日に見たからなのか、外から聞こえてくる雨の音さえ
心地よく感じるくらいに、雨の表現が素晴らしい。
恋、あんな恋は経験したことがない。
恋、切なく脆い想いが心の中に流れ込んでくるあの感覚、
結が近づいてくるにつれて、私の心の中にも何かが溢れてきて
とあるシーンで静かに涙をこぼした。
嗚咽などない、ただ、静かに。

最近の日本にはこういった美学を持つ作品が少ないから、
とても貴重なアニメーションだと感じた。

それではまた明日。