本棚食堂が面白い

曇りのち雨。
この夏は本当に雨が多い。

先週から始まったBSプレミアムのドラマ『本棚食堂』が面白いです。
とはいえ、どうやら全2回らしい。
もうちょっと継続的に続けてほしい番組です。

主人公は2人の男性。
実は売れっ子少女漫画家。
締切が迫ってくると本の中の2次元グルメへと現実逃避。
漫画だったり小説だったりエッセイだったり、2次元と言っても様々。
で、実際にそれらの料理を作るために厨房に立ってしまうというお話。
最近、深夜に料理系のドラマが放映されますが、
これも俗に言う飯テロというやつで、とにかくお腹が空く!
第1回目に出てきたにんにく料理4品は本当に美味しそうだった・・・。
主人公を演じるのは中村蒼さんと柄本時生さん。
実は私、お2人とも好きなので嬉しい。
特に柄本時生さんは朝ドラおひさまのタケオ役がかなりツボでした。
料理のレシピが気になるだけでなく、
その本や漫画、エッセイにも興味が沸きます。
読みたい本、目ぼしい本がない時にはちょうどいいかも。
ああ、舞茸とパプリカのにんにくチャーハン食べたいなあ。

料理というジャンルでは、よしながふみさんの「きのう何食べた」9巻の
ローストビーフもどきが美味しそうだったなあ。
あの漫画もお腹が空いている時に読むものではないな。

今週はなぜか語学三昧。

それではまた明日。