2014台湾ひとり旅2日目台南

2日も晴れ。
Jamieと待ち合わせをし、高鐵で台南へ。
1時間40分ほどの旅です。
台南は台北に住む人達にとっても、国内旅行に行くような感じらしく、
彼女も今日は旅行だと言っていました。

高鐵台南駅からは無料のシャトルバスが走っています。
タクシーもあるし、台鉄利用も可。
今回はバス移動。
台南的風景
台南は少し風が強くて、陽射しは強いけれど心地のよいところでした。
全体的に南国の優しい風を感じられる穏やかで優しい街。
とにかく緑が美しくて、赤や黄色の花がパッと映える素敵なところ。

台南神学院
台南は教会が多くて、中華風の建築な教会もあったりしました。
キリスト教徒の方が多いのかな。
ここは台南の神学院。
雰囲気がとても素敵で祈りの場所にぴったりだね。
国立台湾文学館には時間の関係で行けなかったけれど
外観はとても素敵なレンガ造りの洋風建築でした。

泰成水果店
泰成水果店に到着。
もちろん大行列です。
マンゴー!
念願の芒果冰です。(食べてる途中の写真・・・)
中にはこんな感じでマンゴーがゴロゴロ入っています。
何杯でも食べられそう。
メロンのデザートも本当に美味しそうだった。

夕遊出張所
最後は夕遊出張所。
メインのエリアからは少し離れていて、
違う意味で観光地!みたいなところ。
水辺だから風が余計に心地よく感じられて、みんなのんびりです。
ここは日本の古い建物を利用した塩の博物館的なところで、
生日彩鹽という誕生日にちなんだ塩が飾られています。
お土産物として買うことも可能。
塩の浄化作用equal魔除けの発想みたい。

台南は京都に少し似ていると聞いていたけれど、
京都はこんなに南国な感じはないので、部分的に京都だなと。
でも、古都という意味では同じかも。
草祭二手書店、蘑菇や彩虹來了などの可愛い店も多く、
そこも京都みたいな感じでした。
彩虹來了のTシャツ、買えばよかった。
福吉雅手工焦糖布丁は手作りプリンのお店で、
JamieがTake outしていました。
要冷蔵だとお土産には向かないから悲しい。
細すぎる路地
実はこんな細い路地の奥(更に急な石の階段あり)を進むと
窄門咖啡館というカフェがあったりもします。

⇒最終日へ