2014年冬のクアラルンプール2日目

2日目も晴れ。
8時頃起床し、ピンクモスクへ。

基本はバス移動。
こちらは自力で行きやすいので、オプショナルツアーは不要かと。
ただし帰りのバスは少しやっかいなので往復タクシー推奨。
KLIAトランジットのPutraJaya/CyberJaya駅で下車し、L11のバスに乗ります。
RM0.5で約10分程度と割と近いし安い。
帰りは首相官邸の右側の坂道(公園沿い?)をゆっくりのぼっていくとバス停が見えます。
帰りはL01のバスに乗れば駅に戻れます。
行きと巡回ルートが異なりますが、現地のお姉さんに確認し、無事に戻れたので問題なし。
バスが近づいてきたら駆け寄りましょう。
こちらはMasjid Putraという名前が正式名称。
ピンクモスク
ブルーモスクに比べると観光名所になっているので、
中国人観光客が多く、訪問者も多数。
記帳の必要もなく、ローブを借りるだけでOK。
(中国人がローブを横取りしたり、神聖な場所に足を踏み入れて怒られていた)
可愛らしいピンクの外観と内装。
この内装は大好きです。
近くには人工湖や首相官邸もあります。
大きなマンションや建物がたくさんあって、リゾート地的な新興住宅地。
人はあまり歩いていません。

トランジットでKLセントラルに戻り、LRTでPasar Seni駅へ。
国立モスクへの行くにはクアラ・ルンプール駅を通過します。
(なぜか改札をスルーしていくのですが、現地の人についていくのが1番・・・)
KLセントラル駅ができてから、メインステーションとしての役目は終了。
今はコミューターの駅になっています。
趣きのある英国風建築様式の駅舎はとても美しくて素敵。
地震がない国だから古い建物がそのまま残っているのかなあ。
クアラ・ルンプール駅

国立モスク前の大通りを渡るには地下道を通る!
特に危なくて危険を感じるほどではないですが、ここが暗くて苦手。
抜けたら交通量の少ない道をささっと渡ります。
こちらの正式名称はMasjid Negaraです。
ドームではな18角形の屋根が特徴的な近代モスク。
広くて開放的な感じがして、ここの青もステンドグラスも私はとても好きで、
ここにくると広い場所にしばらく座って風を感じることにしています。
国立モスク
近くにはイスラムアート美術館があるので、こちらもオススメ。
私は毎回ここでお土産を買ったりモスクの模型を見たり、
のんびり過ごすのが好き。
内装はシンプルながら、天井はモスクのドームのようになっていて
美しい装飾を楽しむことができる場所です。

2日目おしまい。