2013年冬の台北1日目

台湾1日目。

朝7:50のPeach(MM023)に搭乗、10:00桃園国際空港着。
日本よりも随分と暖かく感じられ、セーターに軽くパーカーを羽織るくらいでOK。
空港でSIMカードを購入し、大行列なバスに乗るのを諦めてTHSR桃園駅へ。
駅まではバス(NT$30)で10分弱、台北までは新幹線(NT$175)で20分。

台北は相変わらず活気に満ち溢れていて、休日だからなのか前回よりもすごい人!
ホテルに荷物を預け、台湾人の女の子Jamieちゃんと合流。
MRT中山駅付近はとても賑やかで、オシャレなカフェや雑貨屋さんがたくさん。
(本当に可愛くてデザインが素敵なお店が多い)
その中の1軒『Have a Booday』でLunchを。
雑貨屋さんの2階にカフェが併設されていて、お客さんもなんだかオシャレ。
日本のカフェっぽい雰囲気で、メニューも似たような感じ。
私はオススメのハンバーガーとお茶を、夫はチキンカレーとコーヒーを。(ハンバーグよね・・・)
ハンバーグよね

Jamieちゃんは出版社で働く台湾っ子。
知的でナチュラルな雰囲気の女の子でした。
日本からのお土産を渡したら喜んでくれて、私もお土産をいただきました。
日本語と英語で話をしながら食事をし、彼女の案内で中山をブラブラ。(公園にはリスが!)
私的には日本よりもごちゃごちゃしているイメージだけど、
公園や緑が多くて心地がいいから、過ごしやすいと思います。
日本が本当に大好きだと言ってくれた彼女。
本当にありがたいことです。
でも物価が高いし、違いが多いから住むのは嫌だって。(正直)
台北之家
ここは『台北之家』という旧アメリカ大使館を改装して作られた場所。
映画館にもなっていてカフェや雑貨屋も併設。
庭と建物の雰囲気がいいし、私もこんなところで映画鑑賞したいなあ。
彼女はよく来るそう。

16時頃、台北駅で彼女と別れ、チェックイン。
今回は台北駅すぐ近くの台北凱撒大飯店に宿泊。
駅から近いので荷物をすぐに預けたい人、ギリギリまで遊びたい人にはオススメ。
外観は一部?改装済みだし、室内も大変綺麗です。
もちろん日本語が話せるスタッフもいらっしゃいますし、英語ももちろん大丈夫。
そのあとは夜の台北をあちらこちら散策。
夜の台北

まずはもう一度中山に戻り、土日も両替可能なお茶屋さん『昇祥茶行』へ。
両替ついでにお茶を購入し、ちょっと一息。
銀行と同じくらいのレートで両替が可能。
それからMRTで台北101付近へ。(台北101/世界貿易センター下車)
新しく信義線(象山行き)ができたので101までは行きやすくなりました。
そこから今度は徒歩でMRT新政府まで歩き誠品書店内をぶらり散策。
今日初めての甘いもの、マンゴーとドラゴンフルーツのアイスを食べる・・・。
今度はMRTで公館まで行き、夫が行きたがっていた『THE WALL』へ!
建物の匂いがすでにライブハウス独特のあの匂い。
残念ながらライブを見る時間はなかったけれど、雰囲気だけ堪能できたみたい。
お隣?は映画館。
公館夜市をぶらぶら眺めながら再びMRTでホテルへ。
夜市、やっぱり臭豆腐のあの強烈な臭いが無理過ぎて食欲低下・・・。
夫も食べ歩きを望んでいたけれど、同じく無理過ぎて食欲低下。
お目当ての葱餅のお店は既になかった!(多分売り切れ)

という歩きすぎて足がもうどうしようもなく痛い、そんな1日が終了。

⇒明日へ