竹内栖鳳展へ

晴れ。
紅葉鑑賞日和。
いい天気で空も綺麗。

夫も私も疲れていて、起きたのが10時過ぎ。
それでも出かけないと勿体ないので、京都市美術館の竹内栖鳳展へ。
と、その前に明け方、雅さんに鼻を噛まれてしまい、そこそこ大きなキズができました。
しかもものすごく目立つ鼻の真ん中に。
慌てて消毒をし、その部分だけ化粧をせずに薬局へ。
キズパワーパッドを購入し、とりあえず応急処置。

そのあと京都に向かいました。
とにかく車も人も多い!
紅葉シーズンは毎年人が多いのですが、美術館内もすごい人!
遊園地のアトラクションのように行列が。
そんなわけでゆっくりと鑑賞することが難しく、
お目当てだった『班猫』を見て早めに美術館をあとにしました。
もちろん特設ショップもすごい人!
ポストカードを買うだけで本当に大変でしたー。
雅さんみたいで可愛い。
竹内栖鳳展

竹内栖鳳は京都生まれ。
写実や写生を重視した味わい深い作品がずらり。
その中でも『班猫』は本当に優しくて素晴らしい作品でした。
猫の毛の柔らかさが伝わってきました。
もっとゆっくり見たかったなあ。

それではまた明日。