放置している曖昧さ

寝苦しい日が続いています。
カラッと、そしてさっぱりとした暑さではなく、
じっとりと湿気を含んだいかにも日本の夏らしい暑さ。
夏風邪が流行っているようで、高熱の人がチラホラと。

琵琶湖の湖面には実に大量の藻が浮かんでいて、
お世辞にも綺麗とは言えない、むしろ大変汚い状態です。
これもこの暑さのせいなのかどうなのか、
雨が少ない状態や太陽光がふんだんに降り注いでいる、
そういうことがどうも藻の生育に影響しているようです。
藻が育ちやすい環境が整ってしまっているということなのでしょう。
釣りもしにくいだろうなあ。
季節問わず、腰くらいまで浸かりながら釣りをしている人が多いので。
藻が水中で腐り始めるとものすごい悪臭を放ちます。
思い出しただけで気分が悪くなりそう・・・。

今日はスペイン語。
暑いとなかなか自宅でじっくり勉強する気になれず、
しばらく放置していたので勘を取り戻すところから。
自分にどのくらいの知識がついているのか確認するためには
やっぱり検定と名のつくテストを受けるべきなのだけど、
なかなか試験勉強をしようという気になれません。
ネットで見かけるスペイン語のレベルテストをいくつか受けましたが、
結果はどれもB1なので、文法に関してはそれなりに身についているかも。
9月からはちょうどB1のテキストを使い始めるし、
30問ほどのテストだけど、励みにはなりました。
もう1度全体的に文法は見直さないと。
正直曖昧にしている箇所が結構あると思う、英語と同じように。

それではまた明日。