skip through a magazine

3月くらいの暖かさ。
週末はまた元通りの寒さになりそうなので、一時の喜びになりそう。

昼過ぎに本屋へ。
「ku:nel」
「天然生活」
この2冊を購入。
これらの雑誌を買うと、部屋の模様替えがしたくなる。
厳密にいうと、部屋をシンプルにしたくなる。
今はちょうどコタツを出しているので、すごく部屋が狭く感じる。
実際そんなに広くはないんだけど。

今回の「ku:nel」は好きな毛布という少し変わった特集。
毛布に対して特に思い入れがない私にはちょっとびっくりな特集でした。
確かに手触りなんかは気になるけれど、普段からあまり気にもせず使っています。
考えてみれば、好みのデザインな毛布に出会ったことがありません。
理想を言えばタータンチェックのような感じのもの。
ブランケットは結構あるけれど。
結局は長年使えるしっかりとしたものに落ち着くのです。
ちなみに今回は坊ちゃん文学賞の冊子付き。
ゆったりとした珈琲タイムのお供に是非。

「天然生活」は小さな暮らしが心地いいという特集。
こういう特集は大好き。
シンプルで温かみのある暮らしには常々憧れを抱いています。
暮らしを支える道具図鑑で紹介されている道具のうち、欲しいものがいくつか。
考えてみれば食器や服も長く使える気に入ったものが数点あれば十分。
私はまだまだシンプルに程遠い、物に囲まれた暮らしをしているのだなと痛感。
ちなみにいがらしろみさんのチョコレートのお菓子が巻頭の特集。
美味しそう。

少し深呼吸をして珈琲を入れよう。

それではまた明日。