春分に物思う

曇りのち雨。
この時間はすごい風。
窓の近くに座っているのですが、風の音が聞こえてきます。
明日の朝はちゃんと電車が動いていますように。

春分の日。
父の誕生日でもあります。
父は新車の納車日なので、誕生日よりも車のほうが気がかり。
実家に着くと既に納車はされており、
昼間に祖母とドライブしたらしく、なかなか気に入った様子。
今まで乗っていた車よりも小さくなったので、
最初はあまり購入意欲がわかなかったようですが、
毎日通勤で使用するので、燃費がいい車を勧めました。
いつもお世話になっている営業さんにいろいろご配慮いただき、
予算内でカスタマイズもある程度希望通りになったようです。
試乗しましたが、静かすぎてちょっと怖いかも。

桜の開花を伝えるニュースを見ると、ああ、春だなと思う今日このごろ。
実際に昨日も今日も暖かかったし、春の香りが漂っているし。
けれども明日はまさかの冬日。
この温度差が1番苦手だから、私は春より秋が好き。
秋の、あの風の冷たさが特に好き。

今週末は久々に友達と夜会って、それから日曜日は旅行の準備。
スペイン語はしばらく休み。

それではまた明日。