ROTRING SURF

朝のうちはふわふわと時々雪が舞っていました。
昼からは青空も見え、少しいい天気に。
しかし空気はとても冷たく、とても寒い1日でした。

先輩から可愛らしい万年筆をいただきました。
ROTRING SURF
色合いもパステルカラーのような雰囲気で可愛らしく、
書き味はとても滑らかでいい感じ。
線幅は中字なので、私には少し太いなあという感じですが、
日本語ではなく、欧文を書くにはちょうどいい感じ。
エルバンのカートリッジインクが使えるそうで、
気軽にいろんな色を楽しむことができそう。
最初はブルーのカートリッジがついていたので、
そのままブルーを使用することに。
カジュアルな万年筆。

そもそも私が万年筆を使い始めたきっかけが先輩との出会い。
最初は夫が使い始めたのだけど、
私も毎日万年筆を使うようになりました。
もっといろんな万年筆を使ってみたいけれど、
今日いただいた1本を含め、今ある4本を大切にしたいなあと。
インクは綺麗なので何種類でも欲しいけれど。

万年筆を使うと字を書くことがとても楽しくなります。
パソコンや携帯電話が普及した今だからこそ、
字を書くという行為そのものをもっと大切にしたいなあと。
インクがじんわりと染み込む、あの感じを味わえるのは
電子機器ではなく、手書きという行為だけだから。
そういう意味では本を読むという行為も
なんとなく共通点があるのかもしれません。
電子書籍もいいけれど、紙の本はやっぱり格別だもの。

それではまた明日。