小さな命について考える

雲が多い天気。
気温が低く、マフラー必須。
今日は淡いベイビーピンクに白いドット模様。
マフラーに顔を埋めるのが好き。
いろんな色柄のマフラーが欲しい。
無地も、ドットも、ボーダーも。
アウターが紺か黒だから、明るい色がいいな。

そろそろこたつを出さなければいけないなあと思いつつも、
平日は夫の帰宅が遅いのであれこれ家具を移動させるのが困難。
今週末はスクーリングなのでこれまた困難。
人はいいのだけど猫たちがなんだか寒そうで申し訳ない。

でも、我が家の猫たちは幸せだ。
外の寒さに比べれば、マンション内の寒さなんて大したことはない。
布団に潜ればいいのだし、ご飯だって毎日食べることができる。
雨に濡れることもなければ、虫に刺されることだってほとんどない。
水だって飲めるし、誰かがいつも気にかけてくれる。

雅も暦も運よく拾われ、うちにやってきた猫だから、
もしかしたら小さい時に死んでいたかもしれない。
そんな猫たちは山のようにいる。
捨てられた猫や犬、うさぎ、その他たくさんの動物たち。
そのうえ、心無い人間がその小さな命を驚くほど軽く扱い、
虐待し、いとも容易くその命を奪って生きている。
私はそんな人たちが許せない。

じゃあ牛や豚、鶏や魚は構わないのか、
そう言われると正直何も言えないけれど、
それでも、許せないものは許せないのだ。
無責任な発言かもしれないけれど、許せないのだ。

私がそんなことを考えているすぐ横で、
猫がいびきをかきながら寝ている。

それではまた明日。

※踏み台昇降運動30分