滝の白糸は

晴れ。
今日は文化の日で祝日。

朝から母が遊びに来ており、長々といろいろ話をした後、一緒に外出。
今日は母の誘いで京都の南座へ。
夫は朝から仕事で、そのあと合流。
錦秋新派公演『滝の白糸/麥秋』を観てきました。
二部構成で、合計4時間くらい。
映画二本立てくらいの勢い。
休憩は30分、15分、5分前後などなど。
高島屋でお弁当とお茶を購入し、ちょっと贅沢な気分。

『滝の白糸』の原作は泉鏡花の『錦秋新派公演『義血侠血』という作品。
滝の白糸を演じるのは市川春猿さん。
みどころは水芸と書かれていましたが、本当に見事な水芸でした。
華やかなシーンと悲劇のシーンをうまく織り合わせる作品に終始釘付け。

『麥秋』は小津安二郎の映画を山田洋次監督が脚本と演出を手がけたもの。
水谷八重子さんなど、実力派揃いの豪華な面子。
多彩な人間関係をゆったりとした雰囲気の中に盛り込んだ作品。
舞台は朝ドラの『おひさま』や『梅ちゃん先生』を彷彿とさせるような感じ。
セットが非常に細かいところまで作り込まれていて、
正直そのことに1番感動したというのが本当のところ。

南座のあの雰囲気は好きだなあ。
開演前
開演前はこんな雰囲気。
もちろん上映中の撮影などは禁止です。
それでもやっちゃって怒られている人も中にはいたけど。

それではまた明日。

※踏み台昇降運動なし。