お食い初めに立ち会って

晴れのち雨。
この時間はザーザーと雨が降っています。

夕方、修理に出していた車を受け取りに出かけ、その帰りに実家へ。
母がお食い初めの準備をしていました。
なかなか時間が取れず100日はとっくに経過してしまったみたいですが、
朝から赤飯を炊いて、鯛を焼いて、楽しく準備していたみたいです。
キッチンからは母の作る料理の美味しそうな匂い。

私達より少し後に弟夫婦到着。
今日は姪っ子の機嫌が悪く、終始泣きっぱなし。
赤ちゃんは泣くのが仕事だし、泣くのも労力がいること。
それ以上にお母さんとお父さんはもっと大変。
子どもいない私には本当の大変さはわからないけれど。

お食い初め
これが母が用意したお食い初めの食事。
決して豪華ではないけれど、体によく、優しい味付けです。
もちろん姪っ子は食べるふりだけ。
これから離乳食が始まって、どんどんいろんなものが食べられるようになるし、
アレルギーなど、いろんな制限がないといいなって心からそう願ってみたり。

それではまた明日。