【コミック】3月のライオン 7

晴れ、徐々に曇り空へ。
明日は朝から雨になるみたい。
最近、休日は雨の日が多いような気がします。
休日出勤もないので出かけたいのになあ。
ただ、花粉はびゅんびゅん飛んでそう。
目の周りが荒れているのは花粉症のせいなのかな。
風邪だと思っていたのにな。

漫画メモ。
・「3月のライオン 7」羽海野チカ
3月のライオン
ああ、もう泣ける。
やばい、この漫画は名言の嵐。
強さと弱さが交互に絶え間なく溢れて出してくる。
繊細な心理描写がじんわり心に染みてくる。
この漫画には印象の薄い人物がいない。
それぞれになんらかのスポットライトが当たっている。
ひなちゃんのいじめ問題がどういう方向へと向かっていくのか、
それが今回の巻でしっくりいくカタチで終息に向かっていって、
個人的には非常に納得のいく内容でした。
次の巻が非常に気になる終わり方でした。
零くんが周囲とのかかわりの中で少しずつ柔らかく、
そして人として緩やかに変化していくところが本当にいいな。

明日は午前休。
雨なのに午後から出るというのは非常に億劫。
仕方がないな。

それではまた明日。

<メモ> ・オランダ・ベラルーシ・アメリカ宛てのハガキをポストに投函した