音と耳

スクーリング2日目。
今日は音の授業。
構内で音の採集。
簡易マイクの制作はなかなか難しく苦労しました。
音を探すという明確な目標を持つと、他のことに目が行かなくなりがち。
例えば普段は視覚であちらこちら面白いものがないかを探しているのに、
耳に集中することですれ違う人に気が付かなかったりするから不思議。
反対にものすごく神経が耳に集中するので、音には敏感になるから面白い。
みんなで集めた音を聞いてみると、リラクゼーションCDみたいな感じ。
寝る前とかに聞くと心地よく眠りにつけるかも。
何気ない足音や遠くに聞こえる車の音、それらは意外といい感じでした。
音の持つ力って偉大だなあ。

企画後、「平清盛」を見ながらのんびり。
やっぱり今回の大河ドラマは面白い。
私個人的には砂っぽいあの画面の雰囲気が結構好きです。
力強さが漲っているし、活気がある。
綺麗すぎる設定よりもリアリティがあっていいと思います。
今後益々楽しみ。
そして今から「贖罪」を見て、また少しダークな気分になる予定。
まぁそんな日曜日も悪くない。
今日は本当に心地いい疲れ。

それではまた明日。