厄除は立木山

小雨まじりの1日。
今日は早く起きて立木観音へ。
初詣兼厄払いです。

女の厄年は30代に集中しているから、毎年厄払いな感じです。
滋賀と言えばやはり立木山でしょう。
この間、どうして立木観音へ行くのかという話になりました。
四国八十八箇所もこの立木観音も空海ゆかりの場所。
年配の方曰く、歩く事や上がる事に意味があるそう。
例えばしんどい思いをして立木観音へお参りに行く。
登りきったことが自分への自信に繋がる。
自分と向き合うためには楽をしてはならないのではないか。
そういわれると確かにそう思えてくるから不思議。

そんなわけで毎年混雑するので、8時半頃に家を出て向かいました。
が、もう駐車場はいっぱいで、既に下山する人たちもチラホラ。
9時着でも遅かった。
例年のことながら800段余の階段を上るのは大変なものです。
頂上に着いた頃には汗だく。
けれども清々しく爽快な気分。
早い分いつもより断然空いていて、奥之院へのお参りもすんなり済みました。
観音様からのお下がり、柚子湯もいただいてほっこり。
これが1番の楽しみ。

今年のおみくじは吉。
あまりいいことは書いてなかったけれど、可もなく不可もなく。
厄除のお守りと安産祈願のお札を買って下山。
お守り
紐が赤い方が女性用、青い方が男性用。
常に身に付けておくのがいいそうです。
安産祈願のお札は出産を控えた義妹のために購入。

立木観音へは車でもバスでも行く事ができます。
が、1月中は非常に混雑するので早い時間帯がおすすめ。
階段を上るのでハイヒールやヒールの高いブーツはNG。
荷物も極力少なめで。

それではまた明日。