願わくば

雨。
曇りかと思いきや、今日は雨。
しとしとと柔らかく降る雨ではなく、強い雨。
そのせいか肌寒くも感じるし、気持ち的にも憂鬱。
最近いつも満員電車。
陽が落ちるのも早い。

猫たちを見ていてふと思うこと。
この子たちは私と一緒に暮らしていて幸せなんだろうか。
私は運命の出会いだったと思っている。
雅は弟が台風の翌日に保護した猫。
暦は溝にはまって助けを求めていた猫。
どちらとも出会いは間接的。
ひょんなことから私と暮らすことになった。
毎日一緒に寝て、ダラダラ過ごしている。
他にも生き方があったのかなと考えてしまう。
まあそれは猫たちに限らず私も同じ。
夫と出会わなければ別の人生を歩んでいただろう。
今大学にも行っていなかったかもしれない。
出会いとは本当に不思議なものだ。
私の願いは猫たちが幸せだと感じてくれていること。
それにしても夫の帰りが遅い。

日曜日は晴れてほしいな。
大切な友人の二次会なので。

それではまた明日。