meets

今日から11月。
今年もあと2ヶ月で終わり。

今日はほぼ日手帳、”ミナ ペルホネン”カバーの発売日。
ほぼ日手帳を買っても活用しきれない私。
スケジュールはすべて頭の中。
待ち合わせを忘れたことはないし、ブッキングもない。
友達との食事も会議の予定も、きっちり覚えてる。
人に自慢できることかどうかわからないけれど、
結構いろいろちゃんと覚えてます。
だから手帳に書くことがあまりありません。
学校の予定なんかもほとんど覚えているし。
発売日もバッチリ。
でも、どうしてもこのカバーだけは欲しいと思ったので購入。
カバーだけでもよかったのだけど、中身も一緒に購入。
来年こそはうまく手帳を使いこなしてみようと思います。

ほぼ日といえば、
2匹のねこがやってきて、去ってった」を読んで泣きました。
震災で飼い主が分からなくなった2匹の猫(牛と海苔の)のお話。
震災の影響を受けているのは人だけじゃない。
猫も犬も、牛も鳥も魚たちも、様々な生き物が危険にさらされている。
だからこそ、預かりボランティアの存在は大きい。
いつか飼い主のところに戻れるように、幸せに暮らせるように、
その日までたくさんの愛情を注いで共に暮らす。
場合によっては何ヶ月も共に暮らすのだから、
別れ際は相当な寂しさが襲ってくるだろうと思う。

ゆーないとさんはこう記している。
「心にぽっかり、穴があく」
という表現があるけれど、
ほんとうに、大きな穴が、あいた。

2匹は飼い主さんのもとへと帰っていった。
どうかこの2匹がこれからもずっと幸せに暮らせますように。

私もいつか迎えるであろう本当の別れの時に、
ありがとうと笑って言えるようになりたい。

それではまた明日。