ダイサギその後

晴れ、今日も暑い1日。
朝早くに目が覚めたので昨日のダイサギを確認するため湖岸へ。
ちょうど朝陽が昇る時間帯でとても綺麗でした。
釣り人や散歩の人もちらほら。

ダイサギを置いた場所へ行ってみると姿なし。
ただ、そこから少しだけ離れた少し小高い場所に同一個体らしきダイサギがいました。
夫がカメラを覗いて確認したところ、羽の感じからおそらく同じだろうということに。
首を動かして周りを警戒しているような感じで、その場をゆっくり歩いていました。
飛んで移動したのか歩いて移動したのかは不明。
ただ、警戒心が強いにも関わらず飛ぶ気配なし。
いつもより近づいてみても大きな動きはありませんでした。
もしかしたら羽を乾かしているのか、冷えた体を日差しで温めようとしているのか、そんな感じ。
まぁ何もできないので様子見。

帰宅後、いつも通り。
昼過ぎ、まだ同じ場所に滞在。
パンを買いに行って戻ったら姿なし。
急いで確認にいきましたが、その付近にはもういませんでした。
いないほうが嬉しいし、とりあえず一安心。
周囲をぐるっと確認してみたけれど、どこで倒れている様子なし。
ほっと一安心でそのままぐるっと湖岸一周。
と、昨日タオルで羽を拭いてくださった方とばったり。
その方もずっと気になって、ご自宅(どうやら見える場所だったらしい)から観察してくださっていたそうです。
釣り人が増え始めた頃に移動を始め、14時半頃に飛び立ったとのこと。
よかった、飛べた・・・。
この情報は本当に助かりました。
だってこれからずっと気になり続けただろうから。
昨日一緒に助けたカップルにまた会うことがあったら彼らにも報告したい。

放置された釣り糸は野鳥だけでなく散歩中の犬や人にも害を与えかねません。
実際に散歩中の犬が引っかかって怪我をしたとの情報も。
なので可能な限り責任を持って持ち帰るなり何なりしてほしいなと思います。
普通はゴミは持ち帰るんだけどね。

そんなこんなの日曜日。

それではまた明日。