祖母の葬儀

晴れ、いい天気。
今日は祖母の葬儀でした。
朝早くに実家へ。
母を迎えに行って、その後葬儀場へ。
父はコロナで参加できないので、参加者は私と夫、母、それから弟夫婦のみ。
祖母の兄弟もまさかこのタイミングでコロナなので不参加。
いろんなことが重なるものだなあ。

父が参加できないため、残念ながら通夜は行わず告別式のみ。
祖父の時よりも簡略化されてしまったけれど、こればかりは仕方がない。
けれども花も本当にたくさん用意してもらえて気持ちよく送り出すことができました。
相変わらず祖母はまるで寝ているかのような雰囲気でした。
脳や筋肉の萎縮など、晩年いろいろ大変なこともあったけれど眠るように亡くなったのはよかった。
祖父が迎えに来たのかもしれないなと思いながら、火葬が終わるまでの時間を過ごしました。
お骨はしっかり綺麗に残っていたので、祖母はきっと骨が強かったんだろうな。
私も死ぬ時、骨がちゃんと残るようにしたいなあ。
実家に戻って初七日法要まで済ませて終了。
やはり父が参列できなかったのは悲しいけれど、滞りなく終えることができてよかったです。
まさか月に2回も葬儀があるとは思わず、ある意味貴重な経験でした。

帰宅前に食事を済ませ、その後はゆっくり。
運動したわけでもなく、ずっと座っていただけなのにものすごく疲れました。
おそらく精神的な疲れもあるのだとは思います。
もう祖父も祖母もいないんだなあ。
祖母も晩年はあまり動けなかったので、数年は祖母の手料理を食べてはいません。
もう祖母の作った炊き込みご飯やちらし寿司を食べることはできないんだな。
やっぱり寂しい。

そんなこんなの火曜日。

それではまた明日。