モズは魅力的

曇りのち少し雪。
寒い1日。
今日は休足日。

朝から野鳥観察へ。
タナカパン製作所さんに行く前に宝が池公園に行ってきました。
その前にモズ子チェック。
モズ子
お気に入りの防護柵が撤去されて少し見つけにくくなったけれど、今日も健在。
相変わらず可愛いし、モズは本当に魅力的。
小さな猛禽類と言われるけれど、スズメ目なのも面白い。

宝が池公園はこの辺でなかなか見かけないオシドリを見ることができます。
今日はオスがじっと池の中の木の上に佇んでいました。
本当にすごい色合いだなあ。
鳥って本当にすごいと思います。
あとはカワウやカモ類、日によってはカワセミもいるようです。
木の多い公園なのでコゲラやシジュウカラなどはたくさんいます。
せわしなく動き回る様子を観察できます。
ジョウビタキもいたし、ルリビタキなんかもいるんじゃないかな。
私は未だにルリビタキの成鳥のオスを見ていないので、1度お目にかかりたい。
この辺だとどの辺にいるかな。
メスか若いオスは時々見かけるのだけど。

雪が強くなる前にパンを買って帰宅。
積もる感じはないけれど、北の方はまたすごい雪みたいです。
びわ湖の水位は順調に回復して今ではプラスになっています。(放水量の調整あり)
本当にこの冬は雪が多いなあ。
明日の朝、もしかしたら積もったりしているかな。

そんなこんなの土曜日。

それではまた明日。