野鳥観察へ

雪時々晴れたり曇ったり。
寒い1日。
今日は休足日。

昨日のうちにほとんどの用事を済ませておいたので、今日は特にこれといった予定なし。
雪は降ったり止んだりを繰り返し、時々吹雪のような状態に。
この辺りは積雪なし。

昨日届いた超望遠レンズ(クリスマスプレゼント)をつけて野鳥撮影へ。
時間的に少し出遅れたのと、天候もあって鳥少なめ。
ただ、湖岸に出てすぐモズの姿を発見。
モズ
この辺りではメスしか見かけたことがないのだけど、どこかにオスもいるんだろうか。
標準レンズとは異なり、寄れる!
コサギも綺麗に撮影できました。
飾り羽のふわっとした質感までしっかり撮影できるのが嬉しい。
あと、ファインダーを覗いた時に鳥と目が合うようなあの感じがすごくいいです。
なんだかとても嬉しい気持ちになりました。

私は主に双眼鏡と図鑑担当。
今日は夫に撮影を任せて2時間ほどウロウロ。
この時期、びわ湖はカモ類が多く、時々カンムリカイツブリの姿も。
あとはオオバン。
カモも潜水系のカモもいます。
見ていて飽きないけれど雪の湖岸はなかなかに寒い。
この時期多いのはヒヨドリ。
結構な個体がこの辺りにいるはず。
鳥だと思ったら大体ヒヨドリ。
最近は鳴き声と飛び方でわかるようになりました。
イソヒヨドリも時々。
今日はモズやセグロセキレイ、メジロなどを見かけました。
メジロは山茶花の奥にいて、なかなか暗くて綺麗に撮影できず。
あそこなら外敵もこないし、蜜を吸うにはちょうどいいかも。

帰りにジョウビタキ(オス)らしき個体が飛び去るのを見かけました。
通りすがり過ぎて厳しい!
あとはシジュウカラなどの混群がいる木の目星も付いたし、なかなかに収穫あり。
帰りにまた別のモズ(メス)を見かけたのもラッキーでした。

そんなこんなの日曜日。
すっかり冷え切ってしまった。

それではまた明日。