懐かしの中華

雨。
寒くはないけれど、日差しがない分暖かさは微妙。

朝、走ろうと思ったら予想外の雨。
昨日の天気予報では朝のうちは大丈夫そうだったのに。
なので走るのは諦めることに。

パンの焼き上がりを待って、タナカパン製作所さんへ。
もうすぐシナモンロールが販売されるとかなんとか。
楽しみ。
ここのシュトーレンは今まで食べた中で1番癖がなくて美味しかったので、シナモンロールも期待大。
というか、パンの種類はそんなに多くないけれど、いつものパンがいつも間違いなく美味しいです。
菓子パンや総菜パンではなく、食パンやクロワッサンが美味しいというのはとても重要。
焼きたての食パンは本当にいい香り。

帰りに誠養軒で叉焼麺と餃子を食べました。
本当に小さいお店。
店主さんが話好きな感じで、昔ながらのいい中華料理屋さん。
コロナ禍じゃなければもっといろいろ話したかったなあ。
ちなみに叉焼麺も昔ながらの味でした。
ラーメンではなく中華そば。
今度は焼飯とか酢豚も食べてみたいなあ。
ご馳走さまでした。
叉焼麺

帰宅後、傘を差してウォーキング。
やっぱり雨の中を歩き続けるのはしんどいなあ。

それではまた明日。