鳥の話を聞く

曇り。
晴れだと思っていたら曇りでした。
時々晴れ間も見えたけれど、もう少し天気がいいと勝手に思い込んでいました。
少し冷え始めたことを考えると、日差しはあったほうが助かります。

今日は朝から久々に千石岩へ。
季節的なものなのか、すれ違う人が夏より多く感じました。
今日は鳥の写真を撮っておられる方にも出会えてラッキー。
相思鳥を待っているとおっしゃっていました。
足の疲れがまだとれていないので走らず着実にしっかりと。
だからというわけではないけれど、偶然同じ時間に登り始めた方がおられたので一緒に上まで。
途中、登山の話などをしながら進み、急登になってからはそれぞれのペースで。
こういうコミュニケーションが取れるのも山のいいところ。

岩の上でちょっと休憩。
今日は少し靄がかかったような感じでした。
暖かかったからかな。
といっても岩はいつもとても綺麗です。
今日はクライミングの方々はおられなかったので、岩の中腹を1人占め。
今度はコーヒーかなにか持って登ろうかな。

帰り際、鳥の写真を撮っておられる方にどんな鳥がいるのか聞いてみることに。
どうやら相思鳥を待っておられるようです。
今までにもいろんな珍しい鳥の写真を撮影されているようで、その写真を見せてもらいました。
日本にも美しい鳥がたくさんいるんだなあ。
大鷲が野生動物を運んでいる写真などもありました。
自然はやっぱり守っていかないとダメだな。
気が付いたら結構長い時間話し込んでいてびっくり。
慌てて帰宅し、今日は在宅勤務。

そんな感じの金曜日。
週末だ。

それではまた明日。