如意ヶ嶽な20km

晴れ、いい天気。
久々の祝日。

どこか山にでもと思っていたけれど、遅めの起床。
時間も時間なので近場の山へ。
千石岩辺りまで行って帰ってくる予定が、まずはそのまま如意ヶ嶽まで。
このルートといえば唯一ヒルにやられたルート。
ロードに出る道も見失ったこともあって、若干のトラウマルートです。
でもあれから何度か山に入ったこともあり、意外と走れる部分が多いことに気が付きました。
まずは如意タッチ。
懐かしいなあ、この感じ。
大文字側から登る人のほうが多いので、この時期は滋賀方面から移動する方がラクです。
ハイカーさんも本当に少ないし、いいコースなのに人気がないのが不思議。
如意が嶽

木漏れ日が美しいトレイルが続く個所も多いです。
それだけでとても心地よく走ることができます。
トレイル
如意ヶ嶽を越え、とりあえず雨社まで。
時間も体力もあったので、そのまま山科方面に下ることに。
短い距離の間に3ピークあることもあって、下っては上り下っては上りの繰り返し。
最後の下りはかなり急なので走って下りるには不向きだったけど。
一旦ロードに出たので電車で帰るかどうか悩んだ挙句、そのまま疏水沿いを小関峠まで。
途中、ローソンに併設?の青果店でみかんを購入し夫のザックへ。

で、小関越からまた山に入って、スタート地点まで戻り、またロードをちまちま走って20km!
こんなはずじゃなかったのに!
というわけでロードより先にトレイルで20km達成。
程よい疲れと達成感。
結局、普段の休日よりもしんどい1日でした。

それではまた明日。