GARMINの使い分け

晴れ、いい天気。
朝のニュースを見ていたら、京都の最高気温は38度とか。
今日は在宅勤務で本当によかった。
日中は扇風機があれば問題なく過ごせています。
今年はまだ本格的に自宅で冷房を稼働させていないなあ。

5時前に起床して7キロほどランニング。
起きたばかりの体は反応が悪くて動きがいまいち。
心拍数も上がり気味。
あと30分早く起きたらいいんだろうけれど、さすがになかなか厳しい。
幸い、日の出時刻はこれから少しずつだけど遅くはなるのでどうにか続けられそうです。
夜走れるような気候になるのが1番理想的なんだけどなあ、やっぱり。

朝が早いと1日も長いわけで、早く寝ることも可能なのでいい感じ。
冬も同じような生活ができたら理想的なのかも。
個人的には寒い方がいいです。

今朝は今まで使っていたForeAthlete 235Jを装着してランニング。
こちらのほうが軽いし、VO2Maxやリカバリーアドバイザーがあるのでランニング向き。
運動強度も測定可能。
自宅で試しに同期してみたら、Instinctの方にも歩数やカロリーなどがきちんと反映されていました。
ただし、Instinctが対応しているBODY BATTERYだけがうまく連動しません。

アプリで確認したところ・・・・
昨日の1日の変化はこんな感じでした。
Instinct装着時は赤の部分(ランニング後)が一気に急降下。
一気にBATTERYが消耗された様子がわかります。
装着時

一方、未装着時は赤の部分(ランニング後)が推定になっていて判定されていない感じ。
なのでこの画面をスクショした時点では体力が結構有り余っている感じ。
実際は昨日よりも1キロ長い距離を走ったのでもうちょっと減ってそう。
未装着時

まぁ装着していない段階で推定値になるのは仕方がないし、どっちを優先させるかだなあ。
BODY BATTERYやストレスレベルが確認できるのは結構面白いです。
この感じだと、やはり使い分けるのが1番いい気がします。
山に入る時はもちろんInstinctで!
GARMINの機能についてはやはり結構満足しています。

明日は出社かつ中国語のレッスンなので休足日。
食事はしっかりとりながら、体もきちんと休めよう。

それではまた明日。