四半世紀

曇り。
雨が降りそうで降らないなあという感じです。

今日は昼過ぎに帰宅し、午後からは自宅勤務。
体調と仕事量と相談。
家にいる日はいつも天気が悪い気がするなあ。

阪神・淡路大震災から25年。
もう四半世紀も経ってしまったのか。
あの日の私は何にも考えていないただの高校生。
電車が動くかどうか、休みかどうかばかり気にしていた高校生。
家で凍らせたみかんの缶詰を食べながら、テレビを見ていただけの高校生でした。
あれから25年、日本は度々大地震に見舞われています。
いつ自分の身に降りかかってきてもおかしくない自然災害。
あの日テレビで見た光景を思い出しながら過ごす1日。

夫も私も関西出身なので、少なからずあの地震を体感しています。
夫は本棚の本が全部降ってきたと言っていました。
私は中学生の時に描いた絵が頭上から降ってきました。
震源地から離れていたにも関わらず、結構な揺れを感じたことを覚えています。

最近よく神戸に足を運ぶ機会が増えました。
大好きなあの街を歩く度、ふと地震のことを思い出します。
倒壊した高速道路、燃えてしまった街・・・。
神戸は私が暮らす大津なんかよりも何倍も都会。
あの日の失われた多くの命、そして大切なモノがあることを忘れてしまうほどに復興しています。
でもその復興は諦めずに努力を続けた多くの人たちの存在があるからこそ。
私たちはあの日のことを決して忘れてはならないし、きちんと心に留めておく必要があります。

改めて25年、いろいろ考えさせられた1日でした。

それではまた明日。