The Rats and The Elephants

曇り時々小雨。
今日は名古屋へ。
最初はまず大好きなパン屋「SURIPU」へ。
店内が狭いということもあって行列。
とりあえず路駐がひどい。
駐車監視員さんが取締に来られていました。
駐車場はないんだし、行列ができる店なのだからコインパーキングに停めればいいのに。
パン屋の直ぐ側がコインパーキングなのになあ。
まぁ駐車料金でパンが1つ多く買えるという思考なんだろうけど。
相変わらずここのパンは美味しいです。

今日の目的はElephant Gym Japan Tour in 2020 “The Rats and The Elephants”!
大阪が平日の公演だったので名古屋を選択。
ソールドアウトだったようで、先行でチケットを取っておいて本当に良かった。
半年間のライヴ活動休止期間前のツアーなので、半年間はライヴがない!!!!
ELEPHANT GYM

やっぱりこのバンドは凄いなと思います。
簡単な言葉で表現すると、熱気。
3人の絶妙なバランスがなんとも言えません。
とにかくベースのKTこと張凱婷ちゃんのテクニックがやばい。
タッピングがやばい。
ギターの張凱翔さんはKTちゃんのお兄ちゃん。
妹のことをよく理解しているんだなあという優しさにも似たギターだなと思います。
涂嘉欽くんのドラムは臺灣のバンドの中で恐らく1番好き。
ベースとの相性もいいし、テクニックも勢いもある。
その3人のある意味集大成的なライヴだったのかなあと思います。
あの空間であの浮遊感、ダイナミックな音の波に飲まれそうになった夜。
最高でした。

ELEPHANT GYM
ちなみに本人曰く、Elephant Gymのライブは撮影OKらしいです。
最後の最後にそう教えてくれるのずるい。
でもそのおかげで演奏を楽しむことに集中できたからよかった。
途中、コンテンポラリーダンスとの組み合わせがあって、とても斬新でした。
メッセージ性が強くて濃い内容だったなと思います。
彼らが伝えたいものをきちんと理解できたかどうかわからないけれど、多分きっとそういうこと。

それではまた明日。