nightmare beyond belief

テレビから流れる映像は想像を絶するものばかり。
津波によって流される家屋や車、船。
もしかしたらそこには人がいるかもしれない。
建物に取り残される人々、広がる火災、原発の停止。
どんどん押し寄せる不安。
夜見た気仙沼の火災は本当に凄かった。
もう、ただただ祈るばかり。
なにもできない、だから祈るばかり。

節電に心がけ、Twitterでのツイートはなるべく控えるようにしました。
大事な情報だけが流れてほしい。
励ましも大切だけど、安否の確認や有益な情報が優先されるべき。
どうやらデマも流れているらしく、情報が錯綜。
でも影響のなかった地域ではどうか経済活動を行ってもらいたい。
このまま経済までがストップしてしまったら、日本はどうなるんだろう。
いつも通り過ごした方はいいと思う。
ただ、いろいろなことに感謝しながら・・・・。

私自身、今回の地震の被災者ではありません。
阪神大震災の時、私は高校生でした。
あの時は滋賀の自宅でも結構揺れたけれど、若かった私には他人事でした。
今はあの時と、沸き起こる感情が確実に異なります。
本当に自然の脅威は恐ろしい。
本当に本当に恐ろしい。

どうやって猫たちを連れて逃げようか、
夫と連絡が取れなくなったらどうすればいいのか、
私は冷静に行動できるんだろうか、
いろんなことを考えていたら眠るに眠れません。
被災地の方は不安で眠れない日々を過ごしているはず。
一刻も早くいろいろな事柄がいい方向に向かいますように。
そして1人でも多くの人、動物が助かりますように。

それではまた明日。