何気ない日常を

晴れ、今日もまた74年前のあの日を思い、願う日。
美しいベールを纏い、祈る人たちの姿を見るたびに、あの日がやってきたのだと感じます。
長崎はとても美しい街。
あの街で何気ない日常を送っていた人たちの大切なものが一瞬で消えたあの日。
74年前の出来事ではなく、もしかしたら私たちにも訪れるかもしれない大きな脅威。
戦争とはきっとそういうものなんだろうな。

そして8月9日は弟の誕生日でもあります。
お誕生日おめでとう。

昨日は本当にうるさくて、思わずベランダで上に向かってうるさいと言ってしまいました。
花火の日くらい・・・というレベルを超えていました。
花火の最中や終わってすぐは下の階やお隣さん、もちろん外も賑やか。
ただ、21時くらいにはどこも大体静かになります。
ただし上の階は別。
いい歳をした大人が酒を飲んで大騒ぎ。
23時になっても収まらず、警察を呼ぼうかと思ったくらいです。
その時間になったら迷惑になることくらいわからないんだろうか。
いや、わからないんだろうな。
私がうるさいと言った後、少しだけ静かになった気がします。
が、相変わらずベランダでしゃべっていたようです。
もう1回書面を入れてもらおうかなあ。

・ベランダでの会話は想像以上に響く
・23時はもう夜中

こんな簡単なこと、言われなくてもわかってほしい。

明日から2日間、外食三昧・・・。

それではまた明日。

8.9, I am praying for peace.