BALMUDA The Range

雨、大雨。
湖西線が遅れるくらいの大雨です。
大雨すぎて困りました。
バスで駅まで行ったものの、ホームに人が溢れかえっているのを見て引き返しました。
駐車場代はかかるけれど帰れなくなるのは嫌なので夫と車で出勤。
夫に職場まで送ってもらいました。
帰りは私が夫の職場近くまで移動して合流。
明日のほうがむしろ不安。

BALMUDA The Rangeを購入しました。
このレンジに決めた理由は特になし。
強いて言えば操作音とシンプルな機能、デザイン。
2005年製のオーブンレンジを使用していましたが、機能は最小限でいいことが判明。
スチームもグリルも使ったことがありませんでした。
なので、スチームもグリルもいらないだろうという結論に。
主に解凍と温めくらいだもんなあ、用途。
このオーブンレンジ、1番の特徴は操作音。
これが決め手になった人は多いと思います。
楽器が音楽を奏でているような、そんな可愛い音がします。
レンジ内は非常にコンパクトで小さめ。
シフォンケーキを焼くには高さが微妙かも。
深めの鉄板が1枚付属しているので、これはオーブン料理を作り際に活躍しそうです。
ヒーターがむき出しなのでヒーターに食材が付着していないか常に気を配る必要がありそう。
要はしっかりとした手入れが必要。
多くの機能を求める人には向いていないけれど、最低限の機能があればいいという人にはおすすめ。

これでトースター、炊飯器、オーブンレンジはすべてBALMUDAになりました。
色はすべてブラック。
最初は白がいいかなとも思ったけれど、意外と黒のほうがしっくりくる気がします。
正直、これじゃないとダメ!というものはありませんでした。
パンが美味しく焼きあがるトースターも慣れたらまぁこんなもんです。
炊飯器は面倒な部分も多いけれど、使用感は悪くないです。
交換してもらってからは問題なく動いています。
洗濯機や掃除機は長年それを研究して作り続けているメーカーのものがいいと思います。
こういう家電は機能よりも好きなデザインのものを選ぶほうが長く使えそうな気がします。
トースターも夫が頻繁に手入れしてくれるようになりました。
きっと愛着が沸いたんだろうな。

そんなこんなの木曜日。
※写真は後日追加

それではまた明日。