總統府の自由参観日

書きたいことはいくつかあるけれど、今回はこれが1番書きたいのでまず總統府見学の話を。

總統府は要は官邸です。
平日の午前中は見学可能みたいですが、私が行ったのは偶然にも假日參觀の日でした。
假日參觀に限っては写真撮影も可能で、普段入れない場所にも入れるようです。
假日參觀時間については總統府のサイトを参照ください。

まずはパスポートのチェック。
假日參觀の日であってもパスポート無しでは絶対に入れません。
その後荷物のチェックとボディチェック。
もちろんチェックは厳重です。
今回は假日參觀だったのでスマホを預ける必要もなく、写真撮影もできました。
普段はスマホ自体持ち込み禁止だと思われます。
スマホ用?のロッカーがありました。

孫中山の銅像
まずは孫中山の銅像。
國父といえば孫中山(孫文)です。
美しい建築
建築そのものが非常に美しくて感動しました。(設計は長野宇平治)

大禮堂
大禮堂と台灣虹庁を見学することができます。
写真は大禮堂。
テレビなどでよく見るあの部屋です。
ここにも大きな孫文の肖像画がありました。
ちょうど台湾のおじさんが1人で見学中で、写真を撮ってほしいと言われたので2人で撮影会。
しばらく話して私が日本人だとわかると日本語で話をしてくださいました。
「私は日本語が下手ですが、50年前に勉強しました」とのこと。
いや、全然下手じゃないです。
そして「台湾へようこそ」と言って握手してくださいました。
台湾の方々は本当に温かくて優しいです。

中庭なども見学可能。
あとは總統府に関する展示もあります。
これはその時の總統によって内容が少し異なるようです。
今は小英總統(蔡英文總統)の時代です。
だから小英總統のセンスや思想が反映されているような気がします・
パンフレットのデザインなども非常に洗練されていました。
恐らくは馬英九さんの頃とは雰囲気がかなり違うと思います。
そういう意味でもラッキー。

内部見学終盤は郵便局があったり記念品が購入できたりします。
郵便局自体は利用できませんが、臨時の切手販売所が設置されていました。
おかげで前回購入できなかった小英總統の切手を買うことができました。
あとは記念品をいくつか購入。
ここで買った水筒は本当に便利!!!
小英總統の悠遊カードもありましたよ。

偶然にも假日參觀で本当に幸運でした。
この日を狙って台湾旅行を設定するのもいいかもしれません。
非常におすすめです。

それではまた明日。