the first day of spring

立春。
春が始まったとは思えないくらいの冷え込み。
吐く息は白く、手袋をしていても少し冷えるくらい。
今日は鍋日和。

昨日は嬉しいことに雅さんも暦さんも布団に入って来てくれました。
だからダイスケサンがいなくても、ぬくぬくと暖かく眠れました。
猫と過ごす至福の夜。

しかし朝になれば、ひんやりとしたリビングで出勤の支度や家事。
水仕事のせいか、指がひび割れていて、軽く血が滲んでいました。
家事をボイコットしたい日もあるけれど、そういうわけにもいかないから。

ちなみに今日は昼過ぎから無性にイライラしていて、よくない兆し。
冷たい琵琶湖にドボンと飛び込んだら、ちょっとは頭が冷えるかも。
(そんなことはできませんが)

どうしようもなく救われない気分だから、松原工房さんのカタログを眺める。
可愛らしい器を見ていると心が和む。
結婚記念日にまめ皿とレンゲを注文しようかと検討中。
こうやって選んでいる時が1番幸せな気分。
早々に注文メールを送り、あとは待つだけ。

それではまた明日。