1週間

曇り時々晴れ時々雨。
イマイチな天気。
しかも寒くて風が強い。

7時半頃起床。
朝食を済ませ、8時37分になるのを待ちました。
お線香を焚いて花の水、それからご飯を新しいものに換えました。
そう、あれから1週間です。
1週間前の日曜日、雅は息を引き取りました。
私と夫に看取られ、旅立ちました。
あの日のことは生涯忘れません。

1週間、毎日のように雅のことを考えています。
暦は幸い毎日とても元気です。
元気に走り回り、よく寝てよく食べてよく甘えてきます。
暦がいなかったら私たち夫婦はもっと落ち込んでいたと思います。
もう1週間。
でもまだ1週間。
鮮明に蘇る記憶。

今日は大きくて綺麗な虹がかかっていました。
雅は虹の麓にいるのかもしれません。
雅のいる場所は暖かいのかな。
たくさん食べ物があってどの猫もみんな幸せに暮らしているんだろうか。
そうあることを願って。

それではまた明日。