旅立ちそうになっても

晴れ。

朝起きていつものように雅さんが生きているかどうか確認。
昨日から恐らく水も飲んでいないのでそう長くはないと思います。
ふと雅さんの様子を見に行ったら瞳孔が開いた感じになっていてびっくり。
すぐに夫を呼びました。
呼吸も浅く、動きません。
ああ、もう旅立つのだな、そう感じました。
急遽仕事を休んで雅さんの傍についていてやることに。
夫も休んでくれたのでずっと一緒に過ごしました。
もうそろそろかなと思った矢先、こちらに戻ってきたようでした。
いつも通りキョロキョロしています。
ほっとひと安心。
夕方前、昨日と同じようにソワソワし始めたのでダメ元でトイレへ。
今日はトイレで排尿してくれました。
水分がほとんどないので徐々に量も減っています。
こんな状態になっても自分で頑張ってくれる、それだけで涙が出ます。
けれどもトイレのあとは再びぐったりしてしまって、また旅立ちそうになっていました。
今はまたこちら側に戻ってきたようです。
本当にすごい、もうそれしか言えません。

それではまた明日。

<雅さんメモ>
トイレ:小あり。
食欲:
前足のできもの:出血はなし。
その他:左半分がほとんど動かない。
<気になったこと>
暦さんは元気だしよく寝てる。(大小ともにあり)