11月2週目

晴れ、いい天気。

昨晩は雅さんと一緒に寝ました。
私の横で寝てくれたのでとても嬉しかったです。
しかしステップを使うのはそろそろ限界かもしれません。
下りる際に立ち上がれなくなってしまうことが増えました。
残念だけど仕方がない。

昨日から水入れを1つ雅さんの寝室に置きました。
カメラも日中は雅さんの寝室に向けています。
今までは所定の場所以外で水を飲むことはありませんでした。
しかしカメラに映った雅さんは必至で体を起こして寝床の水を飲んでいました。
まだどうにか自分で脱水をなんとかしようという意思があるようです。
頑張れ、なんて無責任なことは言えないけれど、本人の意思は尊重したいです。
私は水が飲みやすいように工夫してあげることしかできないけれど。

もう食べなくなって何週間も経ちます。
こんなにも長く頑張ってくれるとは思いませんでした。
本当ならもう死んでしまってもおかしくないくらいです。
この19年で溜め込んできた脂肪が最後の糧となったのかもしれません。
でももう残っているものはないと思うので、ここからは時間の問題なのかも。
猫にも糖尿病はあるし、肥満はよくありません。
けれども最終的にこの子の場合は脂肪に助けられたのかもしれません。
いや、反対に頑張らせてしまう結果となってしまったのかも。
とにかく1日1日、見守っていくだけです。

それではまた明日。

<雅さんメモ>
トイレ:小あり。(早めの時間)
食欲:水は頻繁に飲んでいた。
前足のできもの:出血はなし。
その他:寝ている時間が更に長くなってきた。
<気になったこと>
暦さんは元気だしよく寝てる。(大小ともにあり)