浮かない

曇り時々晴れ。
昨日のことがあって、今朝はなかなか起床できず。
ずっとベッドでウダウダしていました。
辛いとしか言えない、病理検査の結果を聞くのが怖い。
でもそこから逃げるわけにはいかないのです。
昨日からずっとずっと同じことばかり考えています。

朝起きると朝食の準備ができていて、申し訳なくなりました。
夫は昨日、最後まで泣きませんでした。
きっと雅さんが旅立つ時のためにその涙を残しているのだと思います。
私は笑って送り出してやることなんてできないと思います。
きっと、大粒の涙をいつまでも流し、数日、いや数週間?、もしかしたらそれ以上塞ぎ込むかもしれません。
結婚と同時に私は彼女を連れ、家を出ました。
弟が拾ってきた時からずっと彼女と暮らしています。
夫も結婚した時からずっと雅さんと一緒に寝起きをともにしてきました。
子どもはいないけれど、猫たちを子どものように大切に育ててきたつもりです。
もういい歳だから、老衰を願っていたけれど、急に突きつけられた現実をうまく受け入れられません。
まだわからないのにね。
今日も雅さんは普通にガツガツ食事をして、トイレにもしっかり行っています。

結局今日はどこにも行く気力がなくて、自宅でじっとしていました。
少しでも長く雅さんの傍にいて、その様子を見ていたいという気持ちが働いたのでしょうか。
アンドプレミアム
気分転換に、昨日購入したPremiumを読むことに。
美味しいカレーが食べたい。
いや、もう気分転換になることならなんだっていい。
飼い主がずっと落ち込んでいるわけにはいかないのにね。

それではまた明日。