雑記

雨のち曇り。
明日はいい天気になりそうです。
梅雨入りしたのでしばらくは晴れの日が恋しくなりそう。
家の中も湿度が高いと一気に過ごしにくくなるので。
そろそろ除湿器がフル稼働だなあ。
憂鬱。

昨日1日休んだので体調はすっきり。
そういえば昨日ようやく「KANO 1931海の向こうの甲子園」を見ました。
ずっと見たいなあと思っていて、録画したまま放置していました。
3時間ほどあるので、まとまった時間がないと見ることができず。
飛行機の中で見るにはとてもじゃないけれど長すぎる。
実話に基づいて制作された作品。
台湾映画ではあるものの、日本統治下の話なので、セリフの多く日本語。
嘉義農林学校野球部が甲子園に行く、という話なので、役者さんは野球経験必須。
嘉義の美しい田園風景がとても印象的でした。
最近話題の八田與一さんも要所要所に出てきます。
※台湾での知名度が非常に高い日本の水利技術者、嘉南大圳の設計者
最近台湾の歴史をもっと知るために何冊も本を読んだばかり。
そんなこともあって、心にじんわりと沁みるものがありました。
あの頃の台湾にはどんな風が吹いていたんだろう。
「黒衣の刺客(刺客聶隱娘)」も見てしまおう。
「藍色夏恋(藍色大門)」も見たいし、「靴に恋する人魚(人魚朵朵)」もまた見たい。

そんなこんなで明日は金曜日。
ようやく週末だ。

それではまた明日。